2006年04月28日

巨人『拙攻』ながらも勝利

巨人-中日 5-3 東京ドーム

ライトで観戦してきました。何だかラッキーな勝利でしたねえ。相手のミスで加点していって結局逆転ですからね。

鈴木の内野安打がありましたけど、あれはマルチネスの怠慢な守備によるものですし、清水のやつもエラーがついておかしくないタイムリーでした。

打線につながりがなかったですけど、不振だったイスンヨが2安打しました。今日見ていた限りでは思い切りのいいスイングができていたので交流戦あたりにまた活躍してくれるかもですね。

矢野は今や完全に巨人の顔ですね♪3安打はもちろん好守備連発で不動のレギュラーになってます。今応援で一番盛り上がってるのが彼でしょうね。

内容的にはかなりいまいちでしたが、エースの上原に勝ちがついたのは大きいです。明日は内海ですね。前回中日打線を完璧に抑えてますから期待大です。

今月の観戦は今日が最後でした。また来月せっせと足を運びたいと思います。


posted by 麓 at 23:39 | Com(0) | TB(2) | 野球観戦記

2006年04月25日

パウエル3連続完投勝利

4/25 広島-巨人 1-3 広島市民球場

阪神戦の敗戦がショックで寝込んでしまっている麓です(嘘)

いやあいい外人を取りましたねえ。こ・と・し・は

内海の覚醒は嬉しい誤算で、このパウエルの活躍も予想以上でしょう。セリーグでもこれだけやってくれるとは想像できませんでした。

最終回に1点とられましたが、それでも3試合連続の完投と文句のつけようのない成績です。

最後の小坂のプレーはさすがでしたね。並みのセカンドなら追いつくことすらできない打球を捌いてゲームセット。うーん、素晴らしいです。

しかし打線がいまいちになってきましたね。そろそろ完封される日がやってくるかもですね。

まあ今年は3連戦の緒戦をほとんど落とさないというのが強みです。上原を表のエース、パウエルを裏のエースに抜擢するという作戦は今のところ的中してます。

交流戦までどれだけふんばることができるでしょうかね。頑張ってほしいです。

posted by 麓 at 20:48 | Com(0) | TB(1) | セリーグ公式戦>巨人-広島

2006年04月22日

巨人、内海が連続完投勝利で阪神に勝ち越し

巨人-阪神 6-1 東京ドーム

今日は私好みのオーダー(打順)でした♪

矢野を7番に下げた要因は昨日の阿部の敬遠でしょうね。由伸がいなくなって7番が穴になってましたから打撃でも結果が出ている鈴木を1番に起用して絶好調の矢野を7番にするというのはよかったですね。見事に結果を出しました。

1番タイプではないだけに7番あたりで思い切り振らせるのが性に合っているのかもですね。まあ明日は左の江草が先発だと思いますのでまた1番に復帰するかもですが。

内海は連続の完投勝利ですか。矢野に続いて内海も覚醒したようです♪本人曰くカーブでストライクがとれるようになったのが自信につながっているとか。ヒサノリの穴を埋めてるどころか盛りあがってますね♪防御率トップに躍り出たかな?

打線は4回以降完璧に抑えられましたね。5点リードはセーフティだったかも知れませんが、こないだの横浜戦みたいにじわりじわりと追い詰められる可能性がありますから欲を言えば駄目押し点が欲しかったです。中日がそういう意味では一番怖いですね。

阪神は打線がつながらないですね。今の打順にこだわっていると取り返しのつかないところまでいってしまうかもですよ、岡田さん。

明日またライトで観戦してきます。昨年のチャンピオン相手に3タテすることができるでしょうか。
posted by 麓 at 23:39 | Com(0) | TB(0) | セリーグ公式戦>巨人-阪神

2006年04月21日

巨人逆転サヨナラ勝ち

巨人-阪神 3-2 東京ドーム

ライトで観戦してきました。いやあ疲れた・・劇的な展開で盛り上がってしまって声も枯れまくってます(^^;

えー結果的にジャイアンツが勝利しましたがちと試合を軽く振り返ってみたいと思います。

■両エースは互角
上原・井川共に素晴らしいピッチングでした。特に井川は右打者の内角、左打者の外角の制球が凄かったですね。今年の井川は昨年とは一味違う感じでした。よく1点とれたなあという印象です。

■代打の層は阪神が圧倒
ここぞという場面での代打は阪神が圧倒的に上でした。関本・桧山が代打にいるのは怖いですねえ。一方ジャイアンツは斉藤・山田でしたからどう見ても見劣りしますね。阪神のふたりは素晴らしい仕事をやってのけましたね。斉藤はもう少ししっかりせんかいって感じです。

■ウイリアムスがいなかったのが敗因
ジェフがいれば藤川の次にジェフを投入できたでしょうから11回に被弾される確率はぐっと下がったと思います。能見が結果を出せていなかったので仕方がないですね。

正直10回に仕留めておかないとジャイアンツは敗色濃厚だな、って思いながら見てました。林の次は福田が確定状態でしたのでルーキーに大事な場面、伝統の阪神戦という重圧がのしかかるのは明白で、案の定勝ち越し打を食らいましたからねえ。

11回は小坂・鈴木のどちらかが出塁してイスンヨ・小久保の一発でサヨナラするしか勝つ可能性はなかったわけですけど、そのほんのわずかなチャンスを見事にモノにしたイスンヨは素晴らしかったです。ライトスタンドのボルテージは最高潮でした♪間違いなく今季一番大騒ぎした一瞬でした。

阪神の地鳴りのような応援は健在で相変わらず圧倒されますけど11回の応援は負けてなかったかな?

楽しみにしていた一戦が素晴らしい試合内容で嬉しかったです。このまま明日、明後日と勝って一気に独走態勢に入れるでしょうか。期待しています。
posted by 麓 at 23:53 | Com(0) | TB(0) | 野球観戦記

2006年04月20日

明日から阪神戦!

いやあ、いよいよ明日から今季初の阪神3連戦が開幕します♪

巨人は昨日残念ながら連勝が8でストップしてしまいました。対する阪神は鬼門のナゴヤドームで連敗、貯金ゼロという苦しい状況の中東京ドームへ乗り込みます。

明日の先発は上原・井川で間違いないでしょう。先週リードをもらいながら守りきれなかった上原が開幕戦以来の勝利となるか、1000奪三振を完封で見事に決めた井川が連続で好投するかですね。

打線は両チームとも不調ですね。イスンヨがそろそろだめになりそうな気配です。左に滅法弱いのはロッテ時代からわかりきっていたことですから、明日は大ブレーキにならなければいいのですが。

対する阪神は今岡が大不調ですね。昨年の打点王の不振が未だ波に乗り切れないチーム事情を物語ってる気がします。浜中が8本塁打で現在キングですが打点が本塁打の割に少ないのは今岡の不振が影響してると思います。

チーム状況としては五分みたいな感じですけど、去年阪神は東京ドームで打ちまくりましたからねえ。私が観戦してた中だけでも1イニング9点、シーツが1試合3発、今岡の満塁ホームラン、赤星の猛打賞連発、金本の同点本塁打・・・とこてんぱんにやられた印象しかないですね・・ついでに清原の「○○ついとんのか」発言の試合も観戦してました。その試合は11-2で大敗・・

ただ今年のジャイアンツは足を絡める攻めを徹底してますから、去年の戦い方とはだいぶ違ってきますよね。繋げる野球で掻き回していけば勝機はありそうです。

明日と日曜日にライトで観戦してきます♪あーもー今から楽しみで仕方ありません!
posted by 麓 at 21:02 | Com(0) | TB(3) | 試合展望

2006年04月15日

八木惜しい!10回までノーヒットピッチング

ソフトバンク-日ハム 0-1

いやあ凄い試合でしたね。ソフトバンクの延長でのノーヒット負けというのは史上初ということでした。

日ハム先発ルーキー八木は10回150球でノーヒットピッチング。打線の援護がなく残念ながら勝利投手すらなれませんでしたが、この快投はファンの記憶に残っていくことでしょう。

日ハムはこれで連敗を5でストップ。明日からが楽しみですね。

いやーほんと凄い試合でした。

posted by 麓 at 23:18 | Com(0) | TB(0) | 巨人戦以外

巨人内海プロ入り初完投で6連勝

高橋尚成の離脱で先発で登用された内海が6安打1失点の好投でプロ入り初完投。

いやあ素晴らしいピッチングでしたね。制球が安定した上に直球の伸びがいいし、変化球もいいところに決まっていました。前回の中日戦で好投した調子をそのまま維持している感じです。工藤がちょっと離脱しますから貴重な左の先発という地位を確立しつつあります。

打線は大胆なオーダーで投手の内海を除いてイスンヨ以外が全員右バッターがスタメン。過去2年間で1勝しかできていない横浜の土肥に対しての戦略です。堀内監督の時はちょっとできなかったオーダーですね。

結局初回の3点以外は完璧に抑えられてしまったので「苦手」の印象はまだ消えないでしょう。しかし結果的に土肥から勝利をもぎとったことは自信になりますね。内海様様です。

■小坂が通算1000安打達成

内海の好投に隠れて地味ですが小坂が代打で登場して達成しました。本塁打は全くといっていいくらい期待できませんが、持ち前の俊足で安打を量産して10年目での達成です。開幕当初は打撃不振でしたが、ようやくセリーグの投球に対応できてきたのか今絶好調です。1番で打って欲しいですね。

今日はスタンドがほとんど埋まってましたね♪東京ドームは2階席が相当寂しかったんですけど今日はよく入っていて何だか嬉しくなりました。応援も熱が入っててテレビ見ててちょっとうずうずきちゃいましたけど(笑)


■ヨシノブが登録抹消

これはとっても痛いですけど、現在のジャイアンツ外野陣はタレントが揃ってますから無理に出場する必要がないと判断したのでしょう。長打力がだいぶ落ちてしまいますが、それでも小久保、阿部、イスンヨと大きいのが狙える選手がいますからこの際じっくり治してください。もはや試合中の負傷はヨシノブの代名詞みたいになってますけど・・

内海が完投したことで中継ぎ陣が休めたのは非常に大きいです。特に久保は登板過多でしたからね。明日はグローバーでしょうから完投を望むのは酷ですし。

投打のバランスが保たれつつあります。相手チームはどこをどう崩せば勝てるのか必死に研究してくるでしょう。それにどう対応するかが今後の課題になってきますからまだまだ油断せずにいってほしいものです。

posted by 麓 at 21:19 | Com(2) | TB(0) | セリーグ公式戦>巨人-横浜

ロッテ・日ハム戦のチケットが販売開始

今日から交流戦の日ハム・ロッテ戦のチケットが販売開始しました。私ロッテが好きなので絶対行きたいカードでしたので、本来今日は仕事だったんですけどさぼってチケット並び&抽選に東京ドームへ行ってきました。

今年のジャイヤンツ東京ドーム戦は『完全抽選方式』となっています。午前8時までに来た人に対して抽選予備券が配布され、希望日毎に抽選を実施して購入順序を決めていきます。

所謂「当たり」と言われるのが「10:00」の購入券を引き当てた人で、この人たちが最初に購入することができます。ただ10:00と言っても1から100番までの番号が購入券に打刻されていますのでこの番号順に購入していくことになります。

今回の抽選は火曜日からの6連戦だったので人気は土日に集中していましたね。私は日曜日の抽選に挑戦して運良く10:00の購入券(52番)を引き当てたので人気のライトを無事ゲットできました。

一番人気がある席はライトなんですが、今日は土曜日のライトが一番最初に売り切れ。次に日曜日で、その次が金曜日だと思います。(日・金の売り切れは確認してないので予想ですが)

平日の日ハム戦はかなり楽々ライトをゲットすることができました。並びながらe+で木曜日をゲットして、日曜分を購入してから火曜日分をゲットできました。

PCから購入する場合、通信が繋がらなくてゲットできないケースが多いですから、もし時間に余裕がある場合ドームで直接並んだほうがゲットできる確率は高いと思います。

人気のライトを確実にゲットしたい場合は、今回のように曜日が完全に分散する発売方式なら平日分に並べば間違いないと思います(阪神戦は微妙ですが、阪神の場合ライトとレフトの購入者で二分されますから意外とゲットできますけど)

次は29日ですが、西武・楽天戦が金・土・日、オリックス戦が水・木開催ですからオリックス戦が一番の狙い目ですね。私29日は仕事で並ぶことができないのでこの日はPCから頑張ってみます。

元西武の小関が入団

西武を自由契約になってメジャー挑戦していた小関選手がこの度ジャイアンツに入団が決定しました。

近年の彼は赤田にセンターのポジションを奪われた格好であまり活躍していませんでしたが、俊足巧打で2002年のリーグ優勝に大きく貢献した選手ですね。

西武を自由契約になったのは球団側の一方的な方針で伊東監督の耳には入っておらず伊東さんかなりぶち切れてましたね(汗)当然ですよねえ。まだ若いし西武に残っていたとしてもスーパーサブ的な役割、あるいはレギュラーを取り返せるだけの力がありますからね。

小坂といい小関といい私好みの選手がジャイアンツに来てくれるのは大変うれしいんですけど、ただ、小関の場合外野のレギュラー争いに加わるのは現状は厳しいと思います。

山田が降格で小関を登用という形になると思いますけど、外野陣はヨシノブを筆頭に清水、矢野、川中、怪我が復活すれば亀井、とこの5人の中に入っていくわけですからね。当面は守備要因、代走要因といったところでしょう。

てか大西の使いどころが完全になくなってしまったような・・まあ海千山千の外国人をとるよりは確実ですね。
posted by 麓 at 18:29 | Com(0) | TB(0) | 選手情報>巨人

2006年04月13日

巨人17安打で圧勝。桑田が1年8ヶ月ぶりに勝利。

「昨日のラミレスの暴投知ってる?あれで米野がランニングホームランだったんだよ」

なんて微笑ましい会話を耳にしながらライトで観戦の席につきました。

今日は仕事が遅くなって試合開始から見られなかったんです。ドームに到着した時は1-0で巨人のリード。イスンヨのタイムリーで先制していたのは携帯から確認していたんで知ってたんですが、今日は桑田が先発ということでその投球内容がとっても気になってました。

ストレートはあまり使わずに変化球でのらりくらりとかわしている印象でしたね。嶋に一発を浴びましたがあれは嶋が上手かったです。丁度26日に豊田から放った打球の軌道に似てました。あれは仕方ないです。

巨人は17安打9得点で圧勝だったんですけど、矢野が凄い!絶好調なのはわかりきってましたがこれは「確変」ではなく「覚醒」と言ってもいいかも知れません。8番にこれだけ打つバッターがいるというのは脅威以外の何物でもないですね。

地味なところでは不振の清水が久しぶりにヒット。どうしても一二塁間にゴロが飛んでしまうようで今日はたまたま抜けた感じの当たりでした。まあ他の打線が好調なので彼らが不調になった時に復調してくれればいいかな、なんて思ってます。

小坂のバッティングが復調してきました。開幕からしばらく不振でしたがしつこい打撃で徐々に結果を残してきています。守備は神レベルですから打撃がいい感じになればこれもまた脅威になってくるでしょう。今日の盗塁失敗はご愛嬌です。もともと盗塁がうまい選手ではないですから。

あとは進塁打が効果的でした。凡退でもランナーを塁に進めるバッティングで得点のきっかけを作れるようになりましたから。これは中日が忠実に実践していることなんですが今年の巨人もよくできていると思います。なでなで(笑)

広島は守備が致命的に悪いですね。取れる打球をファンブルしたりして無駄なヒットを献上していたように思います。好守備が光る巨人とは対照的な守備でした。

6回から久保を投入するというのはある程度予測できていました。勝利権利を桑田が獲得しましたから、前日広島打線を抑えた久保がマウンドに立ったのはある意味必然でした。

原監督の采配で凄いと思うことは「選手に満遍なくチャンスを与える」ことだと思います。昨日2失点だった林を久保の次に投入して結果を残させました。野手陣もスタメンは無理でも後半必ずといっていいくらい起用されてますから選手のモチベーションは最高潮でしょうね。

9回は点差が開いたので豊田は出さずに野間口を調整登板。当然の采配ですね。私は酒井かなあなんて思ってたんですが、ヒサノリ故障で登用された野間口にまず一軍のマウンドでなれさせようとした采配は見事でした。野間口はまだ本調子ではなかったですが、0点に抑えましたね。

ノーアーチでも強い巨人。個人的には来週の阪神戦で首位攻防戦を期待しています。現状を見ると打線は1、2番は阪神、3〜6番は互角、7、8番は巨人が強いと思いますので全くの互角。投手陣はリリーフ陣が巨人に軍配があがる感じですが、昨年のJFK(今年はNFK)のような調子が出てくると阪神が強いですね。

10勝一番乗りで明日は天敵土肥(かな?)との対戦。昨年こてんぱんにやられた横浜には開幕カードでは勝ち越しましたが予断は許されないですね。ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

posted by 麓 at 23:14 | Com(0) | TB(1) | 野球観戦記

2006年04月11日

巨人パウエルが完封で3連勝

ライトスタンドで観戦してきました。パウエルが散発の3安打完封&7回の打線爆発で巨人が3連勝。首位をがっちりキープしました。

巨人先発のパウエルは序盤制球が定まらなくて苦労してましたが、徐々に得意のカーブが決まりだして広島打線を翻弄しました。ヒーローインタビューのあとにJPコールを受けているのがわからなくて由伸に「ほら、ライトの声援に応えて」と促されて深々とお辞儀していたのが初々しくてよかったです♪中4日が本人にとってはいいみたいですけど中6日で結果を残しましたから次も中6日でいいと思います。

一方広島先発の黒田ですが、初回3三振と好調な感じでしたが実は調子はいまいちだったと思います。セリーグ最速先発右腕で黒田にしては直球が走っていなかったように思います。いい時なら155キロ前後の直球を連発するんですけど今日は150キロ前後でしたので、いつかは捕まるイメージがあったんですね。それが7回の大爆発です!

えっと5連打ですか。すごいですねえ。本塁打が出なくてもつなぎのバッティングで5点とれるんですから今年のジャイアンツは凄いですね。一発よりねちねちと安打重ねられるほうが相手にとっては脅威ですからね。

この回由伸が無死一二塁で打席に立ったときに「バントかも」って思ったんですけど、さすがに信頼度がイスンヨとは違うというかヒッティングの指示でした。これまでのジャイアンツの戦いかたは無死一二塁か二塁なら必ずバントをさせてきたのでパターンを読まれてしまう可能性が出てましたがここは由伸を信頼した原監督と期待に見事に応えた由伸が素晴らしかったですね。

あと最終回の鈴木のキャッチは私丁度そのプレーの真下で応援してたので見えなかったんです。

「ごつっ」

って鈍い音がしたんでかなり心配しましたが、後に見たVTRでは笑顔で戻っていったのでひと安心です。

外野のレギュラー争いが熾烈ですねえ。今日は不振の清水が8番で川中が1番でスタメン。代打で登場した矢野に加えて気迫のプレーの鈴木、原監督お気に入りの亀井と外野陣の層が厚くなりましたね。個人的には矢野の応援歌が古臭くて好きなんでたくさん歌いたいです(笑)今日初めて公式戦で歌うことができてご機嫌です♪

客観的に見て今の巨人打線を抑えるには先発を3回り以上続投させないことですかね。後半の異常なくらいの攻撃力はほんと脅威ですから。あと投手陣はぴりっとしてなかったんですが、今日のパウエルの今季チーム初完封で勢いにのるでしょうから手がつけられなくなるかもです。

次は明後日ライトで観戦予定です。明日も勝って明後日に昨年できなかった5ビバを絶叫できることを期待しています。

P・S あっWBCの優勝トロフィー見るの忘れた・・明後日見てきます。

posted by 麓 at 22:40 | Com(2) | TB(3) | 野球観戦記

2006年04月06日

巨人が4点差を逆転して4連勝

ヤクルト-巨人 4-7 神宮球場

何という強さなんでしょうか。これが今年のジャイヤンツならば優勝戦線に残ることは間違いありません。

初回に先発の桑田が連打された後に名手小坂が痛恨の送球ミス。それを機にヤクルトが3点先取。その後岩村がソロ本塁打を放ち4点差に。その後二岡のソロが出て1点を返します。

桑田を諦めた原監督はルーキーの福田にスイッチ。素晴らしい投球でヤクルト打線を翻弄します。

ヤクルト先発の川島は肩の状態が悪いということで好投を続けるも連打を浴びたあと降板。その後木田が登板します。

そして小久保の豪快な3ラン!一瞬にして同点に。その後斉藤の犠飛、清水のタイムリーで2点を追加して逆転。

9回に好調の川中のソロでさらに突き放すと、久保-林-豊田の必勝リレーが発動して勝利です。

今日は采配の差が明暗を分けましたね。桑田を早々に諦めた原監督の決断は見事でした。1年8ヶ月勝利から遠ざかっている桑田ですから情に負けて続投ということも考えられましたがそんな甘さは微塵も感じさせなかったです。桑田も4失点ながら内容は悪くなかったですから次にチャンスがあるでしょう。

対する古田監督は今日は試合に出ずに采配に専念。川島-木田の継投が大失敗に終わりました。開幕からの巨人打線を考えたら3点リードは決してセーフティリードとは言えません。ならば日本に復帰して間もない木田を投入するのはギャンブルだったのではないでしょうか。石井弘がいれば五十嵐でいけたんだと思うんですけど、結果論ですがここは同じ復帰組でも神宮のグラウンドに慣れ親しんだ高津を投入したほうがよかったかもですね。高津その後登板して抑えましたし。

先に触れた小坂の送球ミスがありましたが、ヤクルトの名手宮本も捕球ミスがありました。私宮本がミスするのって殆ど見たことなかったんですよね。小坂はまあ本職のショートではないのであれなんですけど、私が勝手に命名しているNPBスーパーショートストップトリオ(もうひとりは中日の井端)のうちふたりがミスするというのはある意味貴重だったかもしれません。

昨年のジャイアンツは7回以降の得点が多分リーグ最低だったのはないでしょうか。それが今年は違いますねえ。打撃が全体的に粘りが出てきたことで後半の得点につながったのでしょう。

明日からは初遠征での中日戦ですね。開幕ダッシュに成功しましたからこのままの勢いで『投手王国』の牙城を崩すことができるでしょうか。

P・S 今日の解説の江本は酷かったですねえ。まあいつものことなんですけど自分の言動がプロ野球に対しての不信感を増幅させているという自覚がまったくないですね。イスンヨがミス連発で「へたくそ」だとか福田の投球に対して「2、3年後には150キロ投げれる投手にならないといけない。巨人には教えるコーチがいないのか」と文句を垂れた後に福田が151キロを出して(まあ神宮の球速表示はやや甘いですが)絶句したり・・素晴らしい解説をする人は他にたくさんいますから代わってもらいですね・・・

高橋尚成が骨折

昨日ファールボールの打球を顔面に受けた高橋尚選手ですが、右頬骨の陥没骨折だということです。
スポーツに怪我はつきものですので無理をしないでじっくり治してほしいものです。

中日戦のローテーションで空きが出てきますので、左にこだわるなら野口を登用か内海を昇格ですかね。個人的には野間口か西村に頑張ってほしいですけどどうなるでしょうか。

posted by 麓 at 06:14 | Com(2) | TB(0) | 選手情報>巨人

2006年04月05日

巨人圧勝で同一カード連続勝ち越しを決める

ヤクルト-巨人 2-9 神宮球場

どうしちゃったんでしょうか?強いですねえ。あまりに強すぎます。初回の4点から中押し、駄目押しと効果的に点を重ねて圧勝です。投手も先発の工藤が気迫の投球で7回を2失点。投打が噛み合って同一カード連続勝ち越しが決定しました。

工藤のポイントはずばり初回なんですね。立ち上がりにぽんぽん点を取られてやられるというパターンを去年は散々見てきましたが今日は無難にまとめた模様。42歳左腕の力はまだまだ必要です。

終盤の亀井と矢野はよかったですねえ。亀井は逆らわずにレフトへ綺麗なヒット。代打で登場した矢野は神宮の狭さの恩恵がありましたがライトへ2ランと若手の活躍がとっても嬉しかったです♪

そして仁志の本塁打!もう意地以外の何物でもない一発でした。試合がほぼ決していた場面でのアーチでしたけど嬉しかったでしょうねえ。今応援が一番大きいのが仁志ですから応援してる方も狂喜乱舞でしたでしょうね。

今日もテレビで観戦してたんですけど試合終了間際に放送終了予定時間になって「あーいいところで終わってしまうう」と涙するところだったんですが次の番組が報道ステーションだったことでそのまま延長!テレ朝GJです!

ってスカパー入ればいいんですよね・・でもスカパー入れるには部屋の模様替えをしないとアンテナケーブルが届かないのでなかなか難しいんです・・でも時間がとれたらすぐに入れたいデス。

それにしても観客の入りが悲惨でしたね・・寒さもあったと思いますがちょっと異常とも思えるくらいの少なさですね。強い巨人復活で盛り返してくれるといいんですけど・・

首位キープで明日の先発桑田に託します。桑田も打線の援護がある可能性大ですから気楽に投げてほしいですね。

2006年04月04日

ジャイアンツ接戦を制する

今日会社で巨人ファンの同僚と話をしてたんです。

『今日は石井にぼこぼこにやられるんじゃないか』って・・

でもその心配は杞憂に終わりましたね。最後は豊田が打たれましたが何とか逃げ切って連勝。昨年貯金すらできなかったジャイアンツですが貯金『2』という形に。

由伸200号本塁打おめでとう!凄く早い達成でした♪阿部も石井から初ヒットですね♪

接戦を勝つことはとっても重要ですが、今日の試合は欲を言えばもっと点を取れたのではないかと思います。昨年アジア一になったロッテ、セリーグ優勝の阪神は『3連打』以上あった試合がとっても多かったんです。今日は12安打で5点ですから効率はあまりよくないです。昨年に比べて打線がつながるようにはなってきましたがまだまだつながりますよ。

仁志がスタメンでした!小坂にこだわらなくても先発が左なら仁志も起用してもらえるということですね♪まあ小坂は左投手には強いんですけどね・・このまま代打の切り札になってしまったらもったいないですからね。初安打おめでとうです。

矢野がタイムリーですか!代打で結果を出しました。亀井・鈴木との熾烈な外野争いにようやく名乗りをあげてきてくれました。応援歌は気合入っているのであれを連呼できる日もそう遠くはないでしょう。

ヤクルトはラロッカの加入で打線に厚みが出ましたね。岩村の怪我が回復すればリーグでも屈指のクリーンナップ完成です。ラミレス、ラロッカともに右打者というはいいですね。左が多い巨人にとっては羨ましい限りです(ディロンの腰は大丈夫なのかな・・)

3連戦の初戦をとったのは大きいですね。明日もこの勢いを継続できればいいですね♪

2006年04月03日

巨人が乱打戦を制する

昨日はライトスタンドで巨人-横浜3回戦を観戦してきました。

乱打戦になって試合展開はかなり遅く最後は疲れてしまいましたが、楽しかったです♪

イスンヨが隠し球でアウトになったんですけど、場内での説明がなかったのでそのあたりの説明をしっかりやって欲しかったです。日本の審判団は世界一ですから判定だけではなくアナウンスするという義務をまっとうして欲しかったですね。

苦手にしていた横浜相手に開幕カード勝ち越しを決めました。次は神宮で古田監督のヤクルトと対戦です。このまま波に乗ることができるでしょうか。

posted by 麓 at 13:49 | Com(2) | TB(0) | 野球観戦記

2006年04月01日

ジャイアンツ2戦目は惨敗

今仕事から帰ってきたのでこれから録画で見ますけど今日は悲惨な状況だったみたいですね。横浜先発の土肥は攻略できませんでしたか・・

村田が2発って凄いですね。以前から長距離砲として期待されてましたが今年はついに開眼するのでしょうか。佐伯の4番にはちょっと?なので村田がこのまま成長してくると、金城、多村、村田の強力クリーンナップが完成しますね。

ジャイアンツは小久保の一発のみですか。キャプテンに一発が出たのは嬉しいと思いますけどね。スコアを見ているとそれ以外はあと一本が出なかった感じです。昨日は面白いように繋がってましたけど打線は水物ですねえ。

posted by 麓 at 22:00 | Com(0) | TB(1) | セリーグ公式戦>巨人-横浜

開幕戦は巨人の圧勝

巨人-横浜の開幕戦をライトスタンドで観戦してきました。新生原巨人のプレースタイルが隋所に見られた試合で観ているのがとっても楽しかったです♪

試合は初回イスンヨ、亀井のタイムリーで4点を先制。その後高橋由、イスンヨの本塁打で加点。終盤も攻撃の手を緩めずに結局12-2の圧勝。上原は完投で開幕戦5年ぶりの勝利。

■ 亀井の粘りがその後の爆発を生む
開幕戦のヒーローは亀井ですね。初回、14球粘ってのタイムリーは横浜バッテリーを疲れさせるのに充分過ぎる貢献をしました。結果的にタイムリーになりましたが、たとえ凡退だったとしても私は拍手で賞賛しようと思ってました。それだけ価値のある粘りでしたね。高橋由、イスンヨのホームランは亀井が生み出したといってもいいくらいです。

■ 小坂の驚異的な守備範囲
バッティングはとっても地味な小坂ですが、守備に関しては超一流ですね。初回のセンター前の打球を惜しくも捕り損ねましたが、あの打球に追いつくというのが凄いですね。オープン戦で観たときはまだセカンド守備のぎこちなさがありましたが、この日は昔からセカンドやってたんじゃねえの?と思ってしまうくらいいい動きをしてました。テレビでは見ることのできない投球動作中の動きなどは一見の価値ありですよ。

■ 上原粘投で完投
WBCの経験がよく生かされている投球内容でした。ヒットは打たれても後続を断ち切るピッチングはアメリカ戦で培ったものですね。抑えなくてはいけない場面では抜群のコントロールを披露していました。初回足に打球を受けた影響が心配されましたが杞憂に終わりましたね。

開幕戦ということでセレモニーがあって派手な演出を堪能することができました。永久欠番のレリーフ除幕式には長嶋終身名誉監督も出席されてファンの声援に左腕を力強く突き上げて場内を沸かしていました。根強い人気ですねえ。

幸先のいいスタートを切ったジャイアンツ。このままスタートダッシュを決めることができるでしょうか。次回は明日2日に観戦してきます。

posted by 麓 at 21:49 | Com(2) | TB(0) | 野球観戦記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。